『ユダヤ人大富豪の教え』から学ぶ|世の中、自由人と不自由人の2種類しかいない!

ユダヤ人大富豪の教えマインド

学志です。

今回は、
世の中には「自由人」と「不自由人」の
2種類しかいないという話です。

この「自由人」と「不自由人」という表現は、
本田健さん著の『ユダヤ人大富豪の教え』で
語られているものです。

この本自体は、
「幸せな金持ちになるには?」
というテーマで書かれています。

たとえ大金持ちになっても、
家庭が崩壊していたり、
働きすぎで健康を害していたら
意味がないですよね。

この本は、
お金と幸せを両方手に入れる方法として、
17の教えが書いてあります。

僕の感想としては、
17の教え全てが魅力的でしたね。

お金だけじゃなくて、
時間とか人間関係も手にする方法が
具体的に書かれているので、

ビジネスをこれから始めようと
している人にもおすすめです。

今回は、自由人になって
自分が望んでいる生活をする為の考え方を
話していこうと思います。

世の中には自由人と不自由人の2種類しかいない!あなたはどっち?

「自由人」とか「不自由人」って何?

僕は会社員をしながら
副業という形でネットビジネスを始めて、
今は会社員の給料と同じくらいの収入を
ダブルで得ることが出来ています。

そのおかげで、
今まで会社の上司にビクビクいていたのが、

全く何を言われてもへっちゃらの状態に
なってしまっています(笑)

「その仕事やる必要ありますか?」とか
普通に言っちゃいますからね(笑)

やっぱ、理不尽な事言ってくる上司に
言い返したくても言い返せないのって
かなりキツいですよねー。

もう二度とそんな状況には戻りたくない。。

会社をやめる理由で一番多いのが、
上司とか同僚との人間関係らしいですからね。

キツい人間関係から離れられることなら
離れたいというのが本音のところですよね。

で、本題に戻ると、
「自由人」と「不自由人」とは何かですが、

・自由人:毎日何もしなくても豊かな生活が出来る人

・不自由人:日常的に仕事をしないと生活出来ない人

ということです。

世の中、圧倒的に不自由人の方が多いです。

昔の会社員の僕は、ザ・不自由人でした。

金も時間も両方ありませんでした。

それで、具体的にどういう職業が
「自由人」と「不自由人」に当たるかですが、

『ユダヤ人大富豪の教え』には、
下のように書いてあります。

■自由人

・流行っているレストランやお店のオーナー
・印税の入る作家、画家、アーティスト
・特許、ライセンスを持つ人
・マルチレベルマーケティングで成功した人
・マンションや土地から家賃収入を得る地主
・有名なスポーツ選手、アーティスト
・株、債券、貯金の配当を得る人

■不自由人

・会社員、公務員、大企業の社長、役員
・自営業者、中小企業の経営者
・自由業(医者、弁護士、会計士など)
・普通のスポーツ選手、アーティスト
・無職の人

意外かもしれないですが、
大企業の社長・役員とか、
医者、弁護士も「不自由人」なんですよね。

彼らはどんだけ給料が高くても、
自由に使える時間はない訳です。

朝から晩まで働き続けて、
お金は貯まっているけど、
家族と過ごす時間がほとんどなく、

気づいたら子供も独立して、
奥さんにも愛想をつかされて、
寂しい老後・・・

みたいな状態が見えてる訳ですね。

「自由人」と「不自由人」の決定的な違いは?

上で書いた「自由人」と「不自由人」の
決定的な違いってなんだと思いますか?

その違いというのは、

・自由人:自分が働かなくても仕組み(システム、機械、人)が動いてビジネスを回している

・不自由人:自分が働かないといけない

つまり、自分が働くか、
仕組みを作って自分の代わりに働いてもらうか

違いということですね。

ネットの登場で「自由人」になる難易度がガクンと下がった

でもですね、
ここまで読んだ方の中には
こう思った人も多いんじゃないでしょうか?

「自由人になるのってめっちゃ難くね?」と。

だって、売れてるレストランのオーナーとか
アーティストとか地主とか・・・。

「そもそも金もスキルも名声もない
俺には無理に決まってる!!」

そう思った人もいるのではないでしょうか。

確かに、『ユダヤ人大富豪の教え』は、
発売が2003年なので、
その当時はまだ難しかったかもしれません。

ところがどっこいです。

インターネットの登場がこの世界を激変させた訳です。

別に超有名にならなくても、
株や不動産に大金を投資しなくても、
アムウェイみたいなマルチ商法をしなくても、
稼げる方法が出来てしまったんですね。

それが、
『ネット上に仕組みを構築して自動でビジネスを回す』
ということなんですね。

ネットビジネスの中でも「自由人」と「不自由人」に分かれる

ネットビジネスの中にもいろいろあって、
例えば、せどりとかプログラミングは
「不自由人」的なネットビジネスです。

なぜかというと、
自分で働かなくてはいけないからですね。

せどりは、
仕入とか出荷、梱包は
基本的には自分がやらなければいけないです。

プログラミングも
クラウドワークスとかで請け負って
自分で作る形になるので、完全に労働ですよね。

だから僕はおすすめしてないです。
(めっちゃ好きでどうしてもやりたいなら別ですが。)

学志がおすすめするネットビジネスの方法は?

僕のおすすめは、
ネット情報発信しながら、
アフィリエイトをしたり自分の商品を売るやり方です。

これだと初期投資が数千円で始められて、
ネット上に仕組みを作ってしまえば、
自動で物がボンボン売れる状態を作れます。

まるで自動販売機みたいに。

確かに仕組みが完成するまでは
時間と労力がかかりますが、
一度出来てしまえばあとは定期的に
メンテナンスをするだけです。

それで月20万とか30万であれば、
1年前後あれば稼げてしまうのです。

しかも失敗したところで、
そもそも初期投資がかかってないので
全く痛くもかゆくもないんですよね。

※情報発信での「失敗に対する考え方」は
この記事で詳しく書いています。

ネットビジネスで失敗が怖いという人へ!失敗に対する考え方!
学志です。 今回は、ネットビジネスで失敗するのが怖い、 という人に向けて失敗に対する考え方について 話をしたいと思います。 僕によく来る相談が、 「ネットビジネスをやろうとしても、 ブログやSNSで失敗するのが怖くて ...

だから、あなたがもし今仕事がキツかったり、
自分の人生をもっと楽しみたいと思うなら、
ネットで情報発信をするのは非常におすすめです。

僕の無料メールマガジンで、
具体的にどうやって情報発信して物を売って、
月に数十万以上の収益を得るかを説明しているので
登録してみて下さい。

初心者の最初の一歩として、
こちらの動画もどうぞ。

ネットビジネス初心者は具体的に何をすれば良いか?

________________________________

敷かれたレール上で人生終了して、後悔しませんか?

僕は会社員をしながらブログでの収益化を学んで、
いつの間にか会社の給料以上の収益を稼ぐことが出来ています。

お前に才能があったから出来たんだろ?
そういう風に言われることもありますが、そんな事はないんです。

むしろ僕はもともと文章を書くことも、
人にプレゼンをするのも大の苦手でした。

会社の上司には毎日のように罵倒され、
周りの人からは冷ややかな目で見られる存在でした。

そんな僕でもネット起業で成功出来たのはなぜか?というと、
商売の知識を学んで素直に実践したからです。

商売の技術はセンスでも才能でもないんですよね。

僕がどうやってネット起業で成功して、
さらに上を目指して進んでいくことが出来ているのか?
その物語を公開しています。↓↓↓

ブラック社畜だった僕がネット起業して自由を手にした物語はこちらから

________________________________

ブログでは公開できないような突っ込んだ内容は
無料メルマガで配信しています!

>>登録はこちらから!!<<

今だけ限定で
「不自由な人生からの脱出マニュアル」
動画をプレゼントもお渡ししています。

最短最速でダブルインカムを得て、
自由になりたい方はぜひ見てみて下さい。
無料で公開しています!)↓↓↓
無料メルマガ

それから、
僕に直接コンタクトできるLINEは
こちらから登録が出来ます。

今ならLINE登録者限定で、
「まずネットで5万円稼ぐには?」
動画をプレゼントしています!

LINEでしか話さない情報や無料プレゼントもあるので
ぜひ登録しておいて下さい。

下のボタンから登録か、「@gakushibiz」で検索してみて下さい。

友だち追加

YouTubeのチャンネル登録もお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました